ゲームの日々

現在ゎTERAが公開されルのを待っている状態なう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
○ --/--/-- --:-- ● スポンサー広告 ● Trackback:- ● Comment:-○

AD物語1

ADの華!
Co-opモードやってみました!
物語前編

お話形式でお送りします。
中編は後日。それではお楽しみください。




~墜落~


「・・・うぅ」

「ドラえもん隊長・・・!ご無事でありますか!?」

部下のジェーンが燃え盛る船から同僚のメルンを運び出していた。
たしか自分たちは・・・

「ジェーン兵長、状況を報告せよ・・・」

まだガンガンと頭痛がする中起き上がると、そこは渓谷のような場所であった。
高い岩壁が左右を挟んでおり、軽く30mはこえるのではないだろうか。
いくら自分たちの着ている強化ジャケット、ブースタでも届きそうにはない。

「ッハ!・・・我々がSafe Guardの任務を終え、そこに見えます輸送船で帰還中に。。。」

「どうした」

ジェーンは顔をしかめながら息を継いだ。

「いえ・・・、帰還中に・・・、原因不明の機器異常が起きたのであります」

操縦ミスや故障というわけではなく、どうやら外部からの影響があったようだ。
そういえば、操縦席にいたあいつらは・・・

「fm・・・ロークス2等兵とオリファー伍長はどうした」

ジェーンはそっと目を伏せて、ゴウゴウと燃える輸送船の残骸を背中に肩を沈めた。

「気を落とすな・・・。寧ろお前のおかげで私とメルンは船から抜け出ることができた。
  死んだ者に気をむけるな・・・俺たちの戦う世界は、そういう世界なんだ」

「はい・・・。」

つかの間の静寂が3人を包み込んだ。
冷たい夜風が渓谷を吹き抜け、火はいっそう強く燃えた。
まるで墜落した自分たちを嘲笑うような音と火の勢いは、高く高く黒煙を吐きだしていた。

「ここから脱出しなければ何もできないな・・・。ジェーン、メルンをたたき起せ、、、蹴飛ばしてもいい。
   通信機を使って仲間を呼べる場所まで移動するぞ。出なければ話にならん」

「ッハ!」


ジェーンは伏せていた顔をガバっと上げた。
まだ目は赤かったが、その顔には先ほどまでの絶望はなく、明日を生きるための力が煌々と宿っていた。
そして、メルンを蹴飛ばして起こすために駆け出した




~続く~
スポンサーサイト
*
○ 2010/06/14 21:28 ● AD物語。Trackback:0Comment:0
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

みゅうぅ

Author:みゅうぅ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

すでに人間でさえないゾ!
願望はメタモルフォーゼ。(←


現在は、いいゲームがなくて放浪?
TERA公開まで頑張ってまってるつもり。
それまでは広く浅く他のゲームをやっていようと思ってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


↓をクリックするとツイッタに飛びます

みゅうぅのTwitter







(=^・ω・^=)

口癖は『申し訳ない』
ドジを良く踏んでます藁

生あたたく見守ってください☆ミ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。