ゲームの日々

現在ゎTERAが公開されルのを待っている状態なう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
○ --/--/-- --:-- ● スポンサー広告 ● Trackback:- ● Comment:-○

AD物語3





ギシャアアアアアアアァァァアア







地中から飛び出てきた化け物はグルルルと唸りながら隊員たちを品定めした。

まるで餌であるかのように。

首を傾げ動けない3人をじっくりと。


「な、なんなの・・・こいつ」

ジェーンは青ざめた顔で肩をふるわせている。

彼女は大の苦手なのだ。ホラーも、お化けも、そして訳の分からないものが。

「声をできる限り出すな・・・。ゆっくり後退するんだ」

ドラえもんは片手で味方をかばいながらじりじりと下がった。


グルルルウルルゥゥウ


この異様な白いは虫類は何だ。

地球上にいながらこの星では見たことも聞いたこともない。

は虫類であることはわかるがもはや生物といえる状態には見えない。


ジリジリと後退しても離れたのと同じだけ白い化け物は間を詰めてきた。


「こいつ・・・なん・・・」

ゆっくりと首を上空に持ち上げると、大きく遠吠えをした。


ギャルオオオォォオォォォオオオォンンンンンン




ゴゴゴゴゴ


「な、なに?」

渓谷のあちこちから地鳴りが聞こえてくる。


ゴゴゴゴゴゴゴゴ


「まさか・・・こいつ・・・」



バゴォォォォオォォォオオオン


「「「「「「「「 ギャショウワオオオワガガガガガガガ ギョアアアアア」」」」」」」」




遠吠えで呼ばれたのは無数の白い化け物ども。

遠くからもゆっくりと集まってきている。

見れば、輸送船の方からもきていた。


「ふん、、、どうやらただでは通してくれないようだな」

ドラえもんは他の2人を鼓舞するつもりでそういった。

すると、すっとドラえもんの前にたつ影があった。

「隊長・・・。さっさと片付けてしまいましょうぜ・・・。気持ち悪いったらありゃしない」

ルメンだった。

腰の小型機関銃を手にしている。

「そうでなくっちゃあな。ジェーン、いつも通りのフォーメーションだ。いない2人は各自で埋めろ。・・・行くぞ!!」

ドラえもんとルメンはほぼ同時にインパクトブースターで空に跳んだ。

残されたジェーンは 男ってやつは本当に・・・と思いながらも髪を後ろにかき流した

「私だってね・・・私だって・・・、ここで終わる訳には!」

背中に背負っていた長距離支援銃を大きく振りかぶる。

照準は敵の固まるところへ、導く。


ジェーンのレールガン・・・ついに実用化され、人類初の実践使用となる、この超電磁銃が煌々と銃口を輝かせる。




上空に跳んだドラえもんとルメンは渓谷の壁を使ってウォールジャンプを使用した。文字通り再び空に舞い、その手に握った機関銃の先を敵の中心へと定めて・・・










「ってぇぇええ!!!」







誰かが叫んだ。














スポンサーサイト
*
○ 2010/06/22 19:34 ● AD物語。Trackback:0Comment:0
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

みゅうぅ

Author:みゅうぅ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

すでに人間でさえないゾ!
願望はメタモルフォーゼ。(←


現在は、いいゲームがなくて放浪?
TERA公開まで頑張ってまってるつもり。
それまでは広く浅く他のゲームをやっていようと思ってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


↓をクリックするとツイッタに飛びます

みゅうぅのTwitter







(=^・ω・^=)

口癖は『申し訳ない』
ドジを良く踏んでます藁

生あたたく見守ってください☆ミ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。